帯には様々な種類がありますので、初心者の方はどんなタイプがいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。着物の柄や色によっては印象や雰囲気が変わります。そこで初心者の方でも迷わない帯の選び方について教えます。
着物を着る時には必要なものですので、納得がいくものを選んで着こなすことがポイントとなります。様々なタイプのものをあって悩む方も多いですが、しっかりとした基礎を押えておくことで迷わず選ぶことができます。

初心者でも迷わない帯の選び方とは

初心者でも迷わない帯の選び方とは 帯の種類には、大きく分けて三つあります。その中でも初心者の方におすすめの帯は、名古屋帯とよばれるカジュアルで扱いやすいタイプのものです。帯の柄にも様々なタイプのものがありますが、初心者の選び方のポイントとしては締めた時の柄が一定になりますので、全通柄が最適です。
着物を着る時には柄の見せ方もポイントとなりますが、初心者の方の場合は扱いやすい全通柄にすることによって締め方に悩まずに済みますし手軽に扱ことのできるメリットが生まれます。また、購入をする際には自分の着物とのバランスを考えて店員の方に相談することも重要になります。
着物を美しく着こなすためには重要なアイテムになりますので、初心者の方もこだわりを持って選びましょう。

半幅帯だと扱いやすい!

半幅帯だと扱いやすい! 着物は洋服と違い、絶対NGというものが結構あります。例えば、振袖や訪問着等の様な格の高い着物には、必ず袋帯を結ばなければ恥をかくことになります。手軽で扱いやすい半幅帯は、浴衣やおしゃれ着を着た時に結ぶ人がほとんどです。
近頃では着物もレンタルの時代で、高額な着物一式を購入する人は少ないようです。浴衣も一式セットでレンタルできますから、小物類も揃える必要はありません。
浴衣は他の着物と比べると、着付けもそんなに難しくはないですが、帯は緩まないように結ばなくてはなりません。結び方は可愛い文庫や蝶々などが定番で、何度か結んでいると、簡単に結べるようになります。着付けをマスターしたい人は、浴衣から始めるのが良いでしょう。
そして半幅は、最近人気の袴には欠かせないものでもあります。袴を着る時には、着物は振袖や訪問着が多いですが、豪華な帯結びは必要ではありません。文庫結びにし、袴の後ろの部分を支える役目をします。しっかり結んでおかないと、ちょっと後ろが膨らんだ袴姿にならないので、大事なポイントとなります。
袴は振袖等と比べると動作も楽で、締め付けもないので、式の後の謝恩会で食事をするのも気にならないでしょう。

おすすめの帯通販関連リンク

豊富なデザインやおしゃれな模様の帯が豊富なサイト

帯の通販はこちら