浴衣の帯を簡単に結ぶ

浴衣の帯を簡単に結ぶ 花火大会や夏祭りなど、夏の季節は浴衣を着用して出かけるイベントが多くありますので、始めて自分で浴衣を購入して着用するという女性も少なくありません。初心者でも気軽に使用することが出来るマジックテープタイプの簡単な帯も販売されていますが、やはり浴衣の質が良いものを選ぶようになると、通常の帯が付属してくるため美容院で着付けをしてもらうか、自分で結ぶ必要があります。
しかし浴衣の帯は比較的布地も薄く、初心者でも扱いやすい特徴がありますので基本的な結び方である『文庫結び』が行えるようになると短時間で綺麗に結ぶことが出来ますし、人混みの多い時に帯が緩んでしまうなどのトラブルが起こってしまっても、すぐに結び直すことが出来るメリットがありますので、一つだけでも結び方をしっかり練習しておくことが大切です。
1つ結び方をマスターしてしまえば、応用として様々な結び方を楽しむことが出来るようになるので、結び方の教本やサイトを参考にすることをおすすめします。

イベントの会場でもサッと帯を直すテクニック

イベントの会場でもサッと帯を直すテクニック 着物にはあこがれはしますが、日本人でありその価値を知りながらも、日常で実際に身にまとうことはあまりありません。そんな私たちが着物を着る機会と言ったらお稽古事のお披露目会や結婚式などのイベント事ではないでしょうか。
着慣れない衣装に動作もどこかぎこちなくなってしまうかと思われます。
特に洋服と着物で外観を含めて違ってくるものが、はおる衣装である着物をまとめる帯です。
多くの洋服はボタンで衣装をスッキリとまとめてありますし、ワンピースにしてもズボンに関してもベルトでまとまります。
しかし日本の着物は上っ張りはのぞき、一般にワンピースになっており、上半身から下半身までをおおうようになっており、それらは帯でまとめられております。
しかも帯も他人に見せるもので結び方がかっこよい形で結ばれております。
イベント会場で動き回るうちに帯が緩んだりするのは心配です。
一度覚えてしまえばいいのかもしれませんが、その結び方を治すテクニックは身に付けておいたほうがよいのかもしれません。