男性用帯のおすすめ

男性用帯のおすすめ 男性が着物を着る場合、おすすめの男性用の帯はしわ兵児帯で、生地が柔らかく幅広になっているので締めた時に体に負担がありません。普段着に愛用されているものなので利用しやすく、子供の浴衣や女性にも幅広く親しまれています。
よそ行きの際には敬遠されがちですが、生地が柔らかくて簡単に結べるので初心者にはもってこいです。献上柄の角帯も男性用としておすすめで、男物の着物や浴衣に合わせやすいです。綿100%の生地なので結びやすく、しなやかで程良いハリのある風合いなのですっきりとした印象になります。
献上柄は博多織の伝統的な文様なので、どんな場面でも安心して使用することができます。未仕立てで仕立てかがりをしなくてもそのまま使用できるので、使い勝手は非常に良いです。使い心地が良く、しっかりと締めてくれるので、これから和装を楽しみたい人におすすめの入門用の一品です。
浴衣に使用するのなら、お洒落に決まる男性用の無地の角帯もおすすめで、色々な浴衣や着物に合わせることができます。

女性用よりも帯の種類は少ない

女性用よりも帯の種類は少ない 着物を締める帯には、女性用と男性用があります。男性用は女性用よりも種類は少なく、角帯と兵児帯の2種類しかありません。また用途ごとに使い分ける必要もなく、いずれも着物と浴衣で共有できるので1本持っておけば使いまわすこともできます。
一般的に男性用としてイメージされるのは角帯でしょう。長さ約4m、幅約8~10cmほどとなっており、生地は絹、麻、綿、合繊など通年使えるものが一般的ですが、夏用に絽、紗、羅などもあります。また、房がついたものもありますが、こちらはカジュアルなシーンでしか使用できません。
男性の着物は色合いと素材で選ぶので、女性のように柄にこだわって選ぶということはあまりありません。そのため腰に巻く装身具を変えることで、いつもと同じ着物でも違う印象を与えることができます。そうして楽しむのが男性の着物の着方です。
女性のように難しい決まりはないので、着物との相性を考えて選ぶようにしましょう。