着物の帯の種類について

着物の帯の種類について 着物に合わせる帯には、大きく分けて二種類あり次のように組合されます。
<袋帯>
二重太鼓にして締めるため、長いのが特徴です。仕立ても裏と表を縫い合わせているので重くなります。格調の高い絵柄のものや、金糸、銀糸を使ったものなど豪華なものは、フォーマルな場面で用いられます。訪問着や附下、色無地などに用いられることが多いです。
<名古屋帯>
お太鼓になる部分以外は半分の幅(半幅)に仕立てられたもの。一般的にはカジュアルな場面で用いられることが多いです。おしゃれ着や、普段着感覚で用いられます。ただし礼装である喪服には「二重」を避けるため名古屋帯が用いられます。
このような大まかなくくりはありますが、着物と合わせるときに一番気を付けたいのが「格」です。カジュアルなのかフォーマルなのかで、選択も変わってくるからです。絵柄でも吉祥紋を描いたようなもの、金銀を用いたものなどは格が上になります。
着物の格に合わせ、上手に選択しておしゃれに楽しみたいものですね。

帯の名前は、長さ・幅によって変わる

帯の名前は、長さ・幅によって変わる 着物を着るとき必要となるのが帯で、合わせる着物や用途に合わせて長さや幅の選び方が異なります。長さと幅には正式な基準があるように感じられますが、実は決められた基準は存在せず、あくまで着物や使用する状況に合わせて選ぶ目安となるだけです。
基本的なマナーさえ守っていれば、厳格に長さを決めなければいけないわけではありません。留袖や振袖、訪問着など礼装用として着用することが多い着物には、袋帯と呼ばれる種類が主に用いられます。おめでたい席で使うことが多いため、喜びが重なり続くようにという意味をこめた二重太鼓、華やかな席にふさわしい飾り結びをするため、長めとなっているのが特徴です。
小紋や紬などの普段着として着用する着物には、短めの名古屋帯が最適です。結び方は一重太鼓が選ばれることが多く、普段着として着られるよう結び方が簡単な着物に合います。結びやすいだけでなく軽量で、柄によっては略礼装としての着物にも使うことが可能です。